飲食店開業で居抜きの賃貸を探すなら|居抜きLOVE > トラストレージ株式会社のスタッフブログ記事一覧 > 街レポ ~青物横丁~

街レポ ~青物横丁~

≪ 前へ|街レポ ~大山~   記事一覧   街レポ ~門前仲町~|次へ ≫

街レポ ~青物横丁~

カテゴリ:街レポ
~青物横丁~
古き良き情緒と新しさが調和する街、青物横丁

歴史を感じさせる文化遺産と、高層マンションやタワーオフィスが混在する青物横丁。商店街・ 住宅街 ・ビジネス街と幅広い属性を持っています。青物横丁のメインストリートとなる平和ジュネーブ通りはビジネス街に向かう導線ともなっており、多くの飲食店が営業しています。



■青物横丁駅 街レポート

駅所在地:東京都品川区南品川3

路線/乗降客数:43,633人 京急本線
※1日平均の乗降客数:鉄道会社HPより

立地特性:オフィス街、商店街、住宅街

改札口
正面出口、西口:両出口ともジュネーブ平和通りに面しています。駅周辺では大手飲食チェーン店が数多く出店しています。日中は周辺住民の方、帰宅時間帯は通勤・通学の方の通行が多いです。

出口1:品川寺の裏手にある出口。規模は小さく、パチンコ屋と駐輪場が隣接しています。


エリア情報
ジュネーブ平和通り:街のメインストリート。駅前から品川シーサイドフォレストオーバルガーデン入り口まで伸びています。青物横丁駅周辺を中心に大手飲食チェーン店などが並び、通勤時間帯やランチライムには多くのビジネスマンやOLが行き交います。

第一京浜:新橋駅から大田区の新六郷橋を結ぶ幹線道路。青物横丁駅周辺でも車の交通量が多く、通り沿いにはマンションや雑居ビルなどが並びます。

海岸通り:新橋駅から平和島六丁目までを繋ぐ道路で、第一京浜とほぼ平行に走ります。品川シーサイドフォレストオーバルガーデンはこの通りに面しています。



  • 青物横丁の由来は、青物(山菜や野菜)市場が盛況であったことから名付けられたとされています。平安時代から鎌倉時代にかけては旧東海道沿いに品川寺(ほんせんじ)や天妙国寺が建てられました。その他にも大正時代に建てられたタバコ屋や畳屋などの歴史を感じさせるスポットがあり、レトロな街並みも楽しむことができます。
  • 江戸時代に入ると、日本橋から京都までを結ぶ東海道(現在では「旧東海道」)沿いには「品川宿」が広がりました。日本橋から出発して最初の宿場町のため大変賑わったそうで、青物横丁もその恩恵を与り、街道沿いには飲食店などが建ち並びました。
  • 2008年には楽天が品川シーサイドノースタワーに移転し話題となりました。入居したビルは通称「楽天タワー」と呼ばれ、最寄り駅である品川シーサイド駅の表示板には「楽天タワー前」と掲示されていました。その後楽天は2015年に二子玉川へと本社を移転しています。
≪ 前へ|街レポ ~大山~   記事一覧   街レポ ~門前仲町~|次へ ≫

タグ一覧

  • QRコード

トップへ戻る

来店予約