飲食店開業で居抜きの賃貸を探すなら|居抜きLOVE > トラストレージ株式会社のスタッフブログ記事一覧 > 街レポ ~八王子~

街レポ ~八王子~

≪ 前へ|街レポ ~町田~   記事一覧   街レポ ~目黒~|次へ ≫

街レポ ~八王子~

カテゴリ:街レポ
~八王子~
東京都市部で人口・面積ともに最大のエリア!

ミシュラン観光ガイドにも紹介される高尾山を有する八王子。大学や高等専門学校が多く学園都市としても知られています。中央線特快の停車駅であるため、東京・新宿方面へのアクセスも良く、住宅街として多くの住宅や団地が建てられています。駅周辺は商業地として栄えており、終日多くの人が行き交います。



■八王子駅 街レポート

駅所在地:東京都八王子市旭町1

路線/乗降客数:85,003人 JR線(中央線等)※1日平均の乗降客数:各鉄道会社HPより

立地特性:繫華街、歓楽街、住宅街

改札口
北口:繁華エリアにアクセスする出口。地下には乗用車向けの市営駐車場、地上にはロータリー、頭上には「マルベリーブリッジ」と呼ばれる歩行者用デッキが設置されています。

南口:主に住宅が広がる出口。八王子オーパ、サザンスカイタワー八王子などの新しい建物があり、駅入り口から八王子駅南口交差点までは歩行者用デッキが整備されています。


エリア情報
甲州街道:新宿区の四ツ谷四丁目交差点から八王子市の大垂水峠(東京都と神奈川県の県境辺り)までを繋ぐ幹線道路。八王子駅周辺では駅北側を走ります。甲州街道以北は段々と飲食店数が少なくなり、商圏の境目のような役割を担っています。

桑並木通り:織物産業が盛んであった八王子を象徴する「桑」が街路樹として植えられています。通り沿いには銀行や証券会社などオフィスが多く、飲食店はあまり見かけません。

西放射線ツーロード:駅北口の繁華エリアのメインストリート。車両が通行しない歩行者専用の商店街のため、のんびりと買い物やグルメを楽しむことができます。カラオケ・ネットカフェ・大手飲食チェーン店がビルの空中階にまで入居しています。駅前のロータリーから甲州街道にぶつかるまで途切れることなく店が続きます。

東放射線アイロード:北口前ロータリーから甲州街道を結ぶように北東に伸びる通り。通り沿いには京王八王子駅があります。道幅はあまり広くありませんが自動車・バスが行き交う道路です。

みさき通り・富士見通り:みさき通りはJRの線路と西放射線ユーロードの間にある通りで、富士見通りは西放射線ユーロードと交差している通りです。どちらも、西放射線ユーロード以南は歓楽街としての特色が濃く、夜になるとキャッチの姿も目立ちます。

野猿街道:八王子駅の南側にある幹線道路。国道20号日野バイパス(中央自動車道国立府中IC付近)から国道16号八王子バイパス(打越IC)までを結んでいます。野猿街道には、「八王子ラーメン」で知られる人気ラーメン店や餃子居酒屋、オシャレなカフェなど評判の店もあります。

南大通り:南口駅前を東西に走る通り。八王子駅南口交差点から野猿街道沿いにかけて飲食店が集まっています。大人数での宴会も可能な大型の居酒屋の他、ラーメン屋も比較的多いです。


  • 八王子は町田や立川と並ぶ多摩地区トップクラスの繁華街です。23区内へのアクセスも良くベッドタウンとしても人気があります。
  • 都市部地域の発展に伴って急激に開発された新興住宅街とは違い、八王子の街としての歴史は長く、その歴史は江戸時代にまで遡ります。徳川家が東京~山梨を結ぶ甲州街道を整備したことで、街道沿い(現在の八王子市辺り)にはいくつも町が連なり、巨大な宿場町へと発展していきました。これが現在の八王子の原型となりました。明治時代以降は織物産業の街として近代化に取り組み、繁栄していきました。第二次世界大戦中には空襲により街のほとんどが焼失してしまいましたが、周辺の町や村との合併、鉄道・高速道路の改良や発達により復興を遂げていきました。
  • 現在の八王子駅周辺はJRの線路を境に北と南に分かれていて、北は繁華街・歓楽街、南は住宅街に分類されます。南側は低層ビルや住宅がメインとなっており、長らくショッピングモールなどの大型施設はありませんでしたが、2010年にはサザンスカイタワー八王子、2018年には八王子オーパがそれぞれ開業したため、駅周辺が賑やかになりました。

  • 北側は23区内に負けず劣らずの繁華街となっています。「都会に出なくても大抵のものは揃う」と言われており、学生服を着た高校生からシニアグループまで幅広い世代が買い物を楽しんでいます。人が多く集まるスポットとしては駅直結のセレオ八王子、吹き抜けが特徴的な八王子東急スクエア、西放射線ユーロードが挙げられます。特に駅と西放射線ユーロードの間は夜間、歓楽街の一面を強く見せ、ネオンが煌びやかなスナックやバー、呼び込みの姿が目立ちます。
  • 北口に建てられていた都立産業技術研究センター八王子支所(住所だと八王子市明神町3丁目辺り)の跡地には、産業交流拠点(仮称)および八王子合同庁舎が建設される計画となっています。多摩地域最大規模の展示ホールを備え、都域を超えた広域的な産業交流の場となることが期待されています。大学などの教育機関・研究機関と民間企業が提携する産学連携、大企業において事業化されない技術や休眠特許等を中小・ベンチャー企業に移転する産産連携を促進させる狙いがあり、2022年の完成を目指して工事が進められています。
≪ 前へ|街レポ ~町田~   記事一覧   街レポ ~目黒~|次へ ≫

タグ一覧

  • QRコード

トップへ戻る

来店予約