飲食店開業で居抜きの賃貸を探すなら|居抜きLOVE > トラストレージ株式会社のスタッフブログ記事一覧 > 街レポ ~広尾~

街レポ ~広尾~

≪ 前へ|街レポ ~東中野~   記事一覧   街レポ ~品川~|次へ ≫

街レポ ~広尾~

カテゴリ:街レポ
~広尾~
大使館や高級住宅街の多い優雅な街

広尾は高級住宅街や様々な国の大使館があることが特徴的で、高級車や外国車が街を走る光景がよく見られます。外国人居住者も多いためインターナショナルスクールも多く、セレブの街として知られています。スーパーには国際色豊かな食材や調味料が売られており、オープンカフェやエスニック料理を出すスタイリッシュな飲食店も多数出店しています。



■広尾駅 街レポート

駅所在地:東京都港区広尾5

路線/乗降客数:63,171人 東京メトロ日比谷線
※1日平均の乗降客数:鉄道会社HPより

立地特性:商店街、住宅街

改札口
出口1:駅南側に位置する出口。外苑西通りを挟んで向かい側には「出口2」があります。有栖川宮記念公園や各国大使館などにアクセスが良い出口で、主に住宅街が広がっています。

出口2:外苑西通りで聖心女子大学に近い出口です。飲食店や小売店が揃う広尾散歩通りや広尾プラザへ行くのに便利なため、利用者の非常に多い出口となっています。

出口3,4:駅北側に位置する出口。広尾ガーデンヒルズや赤十字看護大学に近く、六本木・西麻布方面に抜けるのにも便利です。


エリア情報
明治通り:南麻布の古川橋交差点から新木場駅間を環状に走る大通り。駅から見て南側に位置しています。広尾エリアでは道沿いにマンションや雑居ビルが建ち並んでおり、通りを西に進むと恵比寿駅に向かうことができます。

外苑西通り:新宿1丁目の富久町西交差点から白金台駅周辺までを繋ぐ大通り。広尾駅の出口、広尾プラザ、広尾病院はこの通りに面しています。

広尾散歩通り(広尾商店街):飲食店から物販店まで様々なお店が集まる商店街。広尾エリアのメインストリートです。駅から商店街に入り歩みを進めていくと、祥雲寺の入口門が見えてきます。



  • 広尾エリアは江戸時代のはじめまで、あまり開拓されておらず野原が広がっていました。当時は"つくし"が繁茂していたことから「土筆ヶ原(つくしがはら)」と呼ばれていました。江戸時代中期には、江戸城に近く山の手の台地という恵まれた土地であったため、武家屋敷が次々と造られていきました。
  • 第二次世界大戦では広尾は戦火を免れたこともあり、比較的古い建物が長く使用されていました。老朽化の進んだ旧日本赤十字社医療センターは、1980年代に解体、その土地には「広尾ガーデンヒルズ」ができました。全15棟からなる大規模高級マンション群となっており、マンション以外にもスーパー・カフェ・銀行・医院など、エリア内で日常生活が快適に過ごせるように設計されています。完成から約30年経った現在でも人気ぶりは健在で、2000年代には新たな大規模マンション「広尾ガーデンフォレスト」が建設が計画されました。建物自体は2009年から順次竣工しており、こちらも人気マンションとして注目を集めています。
  • 広尾駅の北東側(住所だと南麻布の辺り)には多くの大使館がありますが、これは、「使われなくなった大名屋敷の広い敷地を確保できたこと」・「まとまったエリアに集中させ警備をしやすくすること」等が理由だと考えれています。駅から近い大使館としては、中国大使館やドイツ大使館が挙げらます。外国人居住者も多いことからインターナショナルマーケットも複数店営業しており、国際色豊かな土地柄であることがわかります。
  • 広尾でショッピングやグルメを楽しみたいなら、天現寺橋交差点の北西方向、明治通りと外苑西通りに挟まれたエリアがおすすめです。広尾散歩通りという商店街にはイタリアン・フレンチ・カフェ・パン屋といった西洋風の人気店が集まっています。物販店も豊富に揃っており、セレブたちがショッピングを楽しむ様子がメディアでもよく紹介されています。広尾散歩通りの周囲には高層ビルがあまりなく、祥雲寺前を起点に道が「L字型」に曲がっています。街全体にせかせかとした雰囲気がなく、ゆっくりと時間が流れような優雅さを持つことが人気エリアである所以なのかも知れません。
≪ 前へ|街レポ ~東中野~   記事一覧   街レポ ~品川~|次へ ≫

タグ一覧

  • QRコード

トップへ戻る

来店予約