飲食店開業で居抜きの賃貸を探すなら|居抜きLOVE > トラストレージ株式会社のスタッフブログ記事一覧 > 街レポ ~大泉学園~

街レポ ~大泉学園~

≪ 前へ|街レポ ~虎ノ門~   記事一覧   街レポ ~新橋~|次へ ≫

街レポ ~大泉学園~

カテゴリ:街レポ
~大泉学園~
アニメーション発祥の地!

東映撮影所のある大泉学園は、ファミリー向けのマンションや戸建ての多い住宅立地ですが、駅徒歩圏内には商業が複数建っており人通りもあります。バスが多く行き交い、駅から離れたところでも交通の便が良い街です。



■大泉学園駅 街レポート

駅所在地:東京都練馬区東大泉1

路線/乗降客数:88,104人 西部池袋線
※1日平均の乗降客数:鉄道会社HPより

立地特性:商店街、住宅街

改札口
東口:

西口:

出口1:

出口3,4,5:


エリア情報
大泉通り:駅北側を東西に走る通り。大泉学園駅入口第一交差点(大泉学園通りとの交差点)周辺に飲食店が多く集まっています

大泉学園通り:陸上自衛隊朝霞訓練場付近から大泉学園駅の間で南北に走る通り。沿道に植えられた桜が人気で、近年は春に桜祭りが開催されています。


東大泉仲町銀座商店街駅北側にある商店街です。背丈の低い建物が並びんでおり、駅近に建てられた近代的な商業施設である大泉学園ゆめりあ1やリズモ大泉とは違って、昔ながらの雰囲気を残しています

大泉学園駅南口商店街:駅南口から線路に沿って東に伸びている商店街です。商店街の真ん中あたりには、餃子の満州とブックオフが踏切を挟んで向かい合うように営業しています

ロードふじみ商店街:大泉学園ゆめりあ2から南西方向に伸びる商店街。約60年の歴史を誇り、小規模のお店やマンション、戸建て住宅が集まります。商店街入り口にはセブンイレブンがあります



  • ジャパンアニメーションの発祥の地として知られている大泉学園では、電車の発車ベルが「銀河鉄道999」が設定されており、駅北口の歩行者デッキには練馬区ゆかりの作品に登場するキャラクターの銅像がいくつも並んでいます。池袋まで約20分程で到着する利便性の良さがあり、朝夕の改札の混雑具合からわかるように、大泉学園はベッドタウンとしても人気のある街です。帰宅時間帯には、スーツを着たビジネスマンや親子連れが買い物袋を手に下げている様子が見受けられます。
  • 「大泉」という名前は、大泉村という地名からきています。村内を流れる小井戸川(現在の白子川)と、その源流の泉(井頭池)にちなんで名づけられたとされています。駅の開業当初(1924年)には「東大泉駅」として営業を開始しましたが、1933年に「大泉学園」と改名されています。ご存じの方もいらっしゃるかもしれませんが、「大泉学園」という名前の学校施設は存在していません。当時、大学を誘致して開発しようと街の名を「大泉学園」としましたが、結局大学は誘致できず構想のままで終わってしまい、名前だけが残ってしまった形です。2000年代に入ると駅近くの再開発が活発化し、ランドマークとして「ゆめりあ1」「ゆめりあ2」が建てられました。2015年には北口の工事も完了し、「大泉アニメゲート」にはアニメキャラクターの銅像が設置され、アニメーションの街としての認識を広めました。
  • 飲食店が多く集まるのは駅北側で、東大泉仲町銀座商店街や大泉学園ゆめりあ1周辺、大泉通り沿いが商圏の中心となっています。特に東大泉仲町銀座商店街は、飲食店の出店はもちろん、軒先に野菜や果物を並べる八百屋やブティックなど「昭和ながら」の風情を残しています。
≪ 前へ|街レポ ~虎ノ門~   記事一覧   街レポ ~新橋~|次へ ≫

タグ一覧

  • QRコード

トップへ戻る

来店予約