飲食店開業で居抜きの賃貸を探すなら|居抜きLOVE > トラストレージ株式会社のスタッフブログ記事一覧 > 街レポ ~水道橋~

街レポ ~水道橋~

≪ 前へ|街レポ ~阿佐ヶ谷~   記事一覧   街レポ ~神楽坂~|次へ ≫

街レポ ~水道橋~

カテゴリ:街レポ
~水道橋~
東京ドームと「早い・安い・旨い」飲食店が多いエリア

駅東口側には東京ドームやラクーアなどのアミューズメント施設があり、イベントや試合の際には平日でも多くの人が行き交います。また、駅西口側には大学キャンパスやオフィスビルが複数あり、リーズナブルな飲食店も多くあります。団体客も利用可能な居酒屋から、おひとり様にも嬉しいラーメン店やレストランも出店しており、飲食需要の高さがうかがい知れます



■水道橋駅 街レポート

駅所在地:東京都千代田区神田三崎町2

路線/乗降客数:131,851
JR線(中央総武線)/ 83,358人
都営三田線/ 48,493人
※1日平均の乗降客数:各鉄道会社HPより)

立地特性:ビジネス街、学生街

改札口
東口:目の前に白山通りが走っているのが特徴。駅北側には中学・高校が、駅南側には専門学校・大学があるため、比較的学生の利用が多い出口です。

西口:目の前に専大通りが走っているのが特徴。その通り沿いには数多くの飲食店が並んでいます。東京ドームへ向かう方やアイガーデン方面に向かう会社員の方がこの出口の主な利用者です

エリア情報
白山通り:東口降りて目の前にある通り。この通り沿いには日本大学をはじめ複数の大学や専門学校が面しています。この通りの周辺では学生をターゲットとした低単価で営業する飲食店が比較的多く出店しています

専大通り:西口降りて目の前にある通り。水道橋西通りとも呼ばれます。神保町方面に南下していくと専修大学方面に向かうことができます

外堀通り:駅と東京ドームの間にある大通り。御茶ノ水方面から四ツ谷方面に向けて東西に長く伸びており、車両通行量が非常に多いのが特徴です



  • 水道橋という駅名の由来は、江戸時代に「神田上水」という上水道の水路橋(上水を運ぶための橋)がこの地を走っており、この橋があるあたり一帯を「水道橋」(水を運ぶための橋)と呼ぶようになったためと言われています。
  • この駅の主な利用者はビジネスマンと学生です。水道橋駅と飯田橋駅の中間地点にガーデンエアタワーという大手企業のオフィスが集まる高層ビルがありますが、このエリア一帯はJR貨物鉄道の主導で再開発が行われ、1999年に完成しました。このエリアはアイガーデンと呼ばれ、オフィスだけでなく飲食店やホテルや住居などもある複合施設となっています。docomoや大和ハウスグループなど大企業がオフィスを構えています。
  • 東京ドームの最寄り駅のため、イベントが開催されるたびに駅ホームからあふれんばかりの人が行きかいます。Tokyo Dome CityやLaQuaも併設されているため、土日に遊びに来る人も非常に多い駅となっています。
≪ 前へ|街レポ ~阿佐ヶ谷~   記事一覧   街レポ ~神楽坂~|次へ ≫

タグ一覧

  • QRコード

トップへ戻る

来店予約